sachi & aki co. サチアンドアキコーポレーション-ありがとうの花束-

心の声を言葉にかえて

ブログ

2016年06月

開店祝いのプレゼントにご依頼いただきました。 

リース

 

すっかり有名なこだわりのパン屋さんの開店祝いのプレゼントにとご依頼いただきました。

笑顔やありがとう、幸せ溢れるお店になりますように。

 

本当にありがとうございました。

家族に送るクリスマスプレゼントにとご依頼いただきました。

823a-1179-438f-8265-9360f95bdb04-p

 

愛、希望、感謝、笑顔、幸福、ありがとう。。

いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう。

片付けてくれてありがとう。

落ち込んだときなぐさめてくれてありがとう。

話をいつも聞いてくれてありがとう。

あのとき怒らないでいてくれてありがとう。

迎えに来てくれてありがとう。

大学まで出してくれてありがとう。

 

育ててくれてありがとう。

 

ごめんねは沢山言ったけど、ありがとうはなかなか言えなかった。

とびきりの感謝を込めて。

ありがとうの花束® お名前を入れて

452b-be75-4db3-a924-1619b8b40440-p

 

本当にありがとうございました。

お世話になっている海外の方へのプレゼントにご依頼いただきました。

89db-51e3-41a4-8f07-ff23c5353b23-p

 

インターナショナルなとっても素敵なご婦人に、お世話になっている海外の方へのプレゼントにとご依頼いただきました。

マザーテレサのような方でした。

 

本当にありがとうございました。

ありがとうの花束® 印刷に直筆のメッセージ入り

5e44-bf63-4f8b-9929-8e22c9f4f517-p

 

こちらは印刷の作品に直筆のメッセージを入れさせていただいております。

印刷のクオリティが高く、まるで直筆作品のように仕上がりました。

 

本当にありがとうございました。

先生に感謝を伝えるプレゼントにご依頼いただきました。

d1cc-213c-45f0-ab93-9b5eb14400df-p

 

生徒みんなで先生へ感謝を伝えるプレゼントにとご依頼いただきました。

 

一つ一つのありがとうは、生徒一人ひとりの気持ちです。

勉強だけではない大切なことを教えてくれた先生に。

 

本当にありがとうございました。

 

結婚式で両親への結婚プレゼントにご依頼いただきました。

bb20-d3e8-4ba2-8db9-426056622392-p

 

花束贈呈。生花だとすぐ枯れてしまうので、花束の代わりに「ありがとうの花束」をご依頼いただきました。

大切に育ててくれてありがとう。

支えてくれてありがとう。

これからもよろしくね。

 

沢山の感謝を込めて。

 

本当にありがとうございました

 

お世話になった人への贈り物にご依頼いただきました。

6f8c-a643-40cf-88e7-94028ca61441-p

 

 

高校生のとき、いっつも通ってたお店。

第二の両親のような存在だったに違いありません。

ご主人は亡くなってしまったけど、99歳の奥さんに。

良い思い出をくれた大切な人へ、

沢山のありがとうを込めて。

 

本当にありがとうございました。

 

 

お父さんへのプレゼントにご依頼いただきました。

4b76-7a56-452c-835e-db461f3cd11f-p

大切なパパへとご依頼いただきました。

 

娘からこんなプレゼントもらったら、お父様は涙を隠すのが大変だろうなあ。

 

本当にありがとうございました。

 

感動するプレゼントを父の日に贈りたい方へ

4546-74fb-427f-9142-1c33dbce3943-p

 

こんな記事を偶然見つけました。

お父さんは喜びを表現するのが下手だけど、こんなに嬉しいものなんだと。

 

驚いたことに、父からホワイトデーのお返しが届いた。実家から何かが届く時、宛名の筆跡が母のものであることが常だった私にとって、父のいかつい文字で書かれた私の名前には、ハッとする新鮮味があった。そもそも、チョコレートを贈ったのだから、お返しが届いて驚くことはないのだが、思えば、両親から何か贈られたことはあっても、贈り主が父だけということは今までの人生で一度もないことに気付いた。私はと言えば、子どもの頃、お小遣いをはたいて父にチョコレートを贈ったことがあったが「小遣いをこんなことにつかわんでいい」と言われたことと、そのチョコレートがずっと戸棚の隅に置かれていたことで、父はきっと甘いものが好きではないのだなと子ども心に傷ついて、それ以来、わが家のバレンタインは自然消滅した。父が本当は、甘いものに目がないことを知ったのは、大学に通うために家を出た後のことだった。帰省の土産にと買ったお菓子が、ありえない早さでなくなっていたのを、父の仕業だと可笑しそうに密告してきた母が、ついでのように「なのに、いつかあんたがあげたチョコレートだけは、ずっとずっと大事にとってたねえ」と教えてくれた。家族は、思ったよりゆっくりと家族のことを知っていく。あの時、私は叱られたわけではなかった。父も、あの言葉を後悔していたのかもしれない。だから、きっと20年近くたって、ひょっこり贈られたチョコレートのお返しを柄にもなく届けてくれたのだろう。包を開けると「鶴の子」だった。親鳥をかたどった箱を開けると、涙が出そうな匂いがした。                       (ある新聞広告で見つけたありがとうの良い話)