sachi & aki co. サチアンドアキコーポレーション-ありがとうの花束-

心の声を言葉にかえて

ブログ

Sachi&Aki.coのこだわり

ありがとうの反対語には奇跡が溢れている!

5e44-bf63-4f8b-9929-8e22c9f4f517-p

 

ありがとうの花束は単なる作品ではなく、あなたの想いそのものです。

ありがとうの意味について考えていたとき、

素敵な記事に出会いました。

「ありがとう」の反対語を考えたことありますか?

その答えが奇跡に溢れていた!

http://spotlight-media.jp/article/264074347102009442

 

2016.3.1ありがとうの花束3

 

ありがとうを漢字で書くと「有難う(ありがたし)」皆さんはこの意味を知っていますか?

 

ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く(ありがたく)」がウ音便化し、ありがとうとなった。

「有り難し(ありがたし)」は、「有る(ある)こと」が「難い(かたい)」という意味で、本来は「滅多にない」や「珍しく貴重だ」という意味を表した。

 

ある出来事を「ありがとう」と見ている反対から見てみると、それは「あたりまえ」だそうです。

今自分の周りにあるたくさんの当たり前でないことを、しっかりと見つめていくことで、本当の幸せをいただけるのではないでしょうか。

 

ありがとうの反対語など、今まで考えたこともなかった。

教えてもらった答えは・・・

「あたりまえ」

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。「有難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。めったにない事にめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」。

我々は、毎日起こる出来事を、当たり前だと思って過ごしている。

 

私の一番大切にしている言葉は「一日一生」です。

これはお釈迦様が弟子たちに言った言葉で、きょう一日が人生最後の日だと思って一生懸命修行しなさい

という意味だそうです。

 

なぜ私がこの言葉を一番大切にしているか。

それは私は大切な友人をある日突然亡くしてしまったからです。

ある日友人Aから、M君と連絡がつかないと電話がかかってきました。

毎年このころになると集まっていて、その連絡を今年もしたいのだけど連絡がつかないと。

 

私はたまたまM君が結婚してマイホームを持っていて、その家の電話番号を知っていたので

奥さんなら事情が分かるかもと家の方に電話をしてみました。

そうしたら、なんとM君が電話に出てきたのです。

私は「どうしたの? 連絡つかないってみんな心配しているよ!」

と言いました。

そしたら、M君は

「末期のガンで、今自宅に帰ってきてる」

といったのです。

私たちはまだ若かったんです。悪い冗談か、うつ病かなんかになっているだと思いました。

「まあ、とにかくみんな心配してるから、元気になったら連絡してよ」

とあっさりとした会話をして電話を切りました。

 

子供が生まれたばかりで、マイホームも建て、ペットも買ったと言っていたM君。

その6時間後に、彼が死んだと連絡がありました。

私が、彼と話した最後の友人だったと聞きました。

 

 

もし最後だとわかっていたら、

 

今までありがとうって言いたかった。

 

大切な友人だと伝えたかった。

 

もっと優しい言葉をかけてあげたかった。

 

感謝の言葉を伝えたかった。

 

だけど、私はその時、そのことがこれからも「あたりまえ」にできると信じ込んでいた。

 

誰しも、今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。

今日、誰かと出逢い、話し、笑い、食事をして、仕事ができる。

こんな当たり前だと思うことが、本当は奇跡の連続なんです。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、「ありがとう」を言わずにいられない。

 

幸せを願う

 

 

新しいお店

ありがとうの花束の佐藤です。

 

新しいお店でやっと落ち着いた感じで

しばらく放置していたHP再開です♪

 

新しいお店は よりお客様のお話をゆっくり伺えるように あえて住所は公表せずに

ご予約いただいたお客様だけにお伝えしています。

 

毎回泣いてしまったり 深いお話を伺わせていただくことが多い中

もっと静かでリラックスできる場所で出来たらよいなあという想いが形になりました。

 

豊平公園のすぐ近くで とても環境が良く

天気が良い空いた時間は 公園をお散歩しています。

 

新しい空間で 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

大通りビッセ個展開催によせて

心の声を言葉にかえて・・・ 「ありがとうの花束」Sachi&Aki co. 作家のkouhiです。

本当に、本当に多くの皆様のご協力により11月23日〜大通りビッセにて個展を開催出来る事になりました。



今回、皆さんに感じて頂きたいのは、“心のつながり”です。

誰かの為に心を寄せる時、誰かの為に一生懸命に頑張る時。

皆さんの心には優しく、温かい気持ちがあふれていると思います。

自分の為だけではなく、誰かの為に少しでも力のなりたいと皆が思えたら。

優しくて、大きくて、そして力強いエネルギーがそこに生まれると思います。

〜生かされている〜このことをもう一度考え、かけがえのない今を大切にして。

皆の命が繋がっていると思えたら、自分は一人じゃないと思えたら、きっと未来は動くと信じます。



スマイルプロジェクトにご参加頂いた100名の皆様、大切な方へのお手紙を書いて下さった皆様、

この場をお借りして心よりお礼を申し上げます。



皆さん本当に、本当にありがとうございました。とても嬉しいです。



kouhi

kouhiの作品のこと。

心の声を言葉にかえて・・・ 「ありがとうの花束」Sachi&Aki co.代表の佐藤です。

 

お店に来てくださった方や、ご依頼くださった方々が本当に

うちで働いているのではないかと思うくらい宣伝してくださったり、

お店に来てくださった方の涙が止まらなくなってしまったり、

私自身、毎日kouhiの作品に癒されて、飽きることなく幸せな気持ちでお店にいる理由を

考えていました。

 

その答えが こないだ美術館に行ってわかりました。

美術館には有名な人、1枚何百万円もする作品がたくさんあったけど

「これらの作品よりkouhiの作品のが癒されるなあ」と思いました。

kouhiの作品より、ずっとおしゃれで、ずっとパワーがあって、ずっと印象的な作品ばかりだけど

癒されるのはやっぱりkouhiの作品。

それはきっと、kouhiがそこに自分の想いを込めていないから。

頼んでくださったお客様の為、それがプレゼントだったら

その方の気持ちになって、感謝の気持ちやありがとうを形にしているから

誰かが誰かを想う優しい気持ちしか作品に入っていないから

こんなに癒されるんだあと。

親ばか? 妹ばか?な想いでした。

 

 

 

 

 

有難いこと。

有難いことに、最近遠方からもお店を訪ねてくれる方が。
こないだは東京の方が、わざわざ帰る前に訪ねてきてくださいました。
そして、何日か前に奈井江町の方が、
1回目迷ってついにお店にたどり着けなくて、今回2回目の挑戦までしてくださり、お店にきてくださいました。
本当に有難いです。
しかもお二組とも、偶然ポストカードを見てくれて

その少ない情報の中たどり着いてくださいました。
いつも、誰かがご縁を繋いでくださっていて本当に感謝です。

お店。来てくださった方はお分かりかと思いますが
びっくりするくらいわかりずらいです。
しかも「富士メガネの隣です!」と全国にあるお店を
目印にしているもんだから、参考にもならず。
お店の前まで来ているのに、来れずに帰ってしまう方も。。
しかも私、結構外出していて直接お会いできないことも。。。
超隠れ家的なお店です。

お店は狸小路4丁目の『リッチモンドホテルさん』の左隣です。
VEGAGIOさんというUFOキャッチャーのお店に「入っていただいて」
左奥のエレベータで4Fに上がっていただけたらお店があります。
私は外出がちなので、わがままですが
出来れば 来てくださった皆さんにお会いしたいので
事前にご連絡いただけたらとても嬉しいです。

沢山の想い

心の声を言葉にかえて・・・ 「ありがとうの花束」Sachi&Aki co.代表の佐藤です。

このたび、パンフレット・名刺・ホームページが変わりました。

 

パンフレットは東京でデザイナーをしている長年の友人に作ってもらいました。

10年以上の友達だけあって

私やkouhiの、伝えきれない 心の中の想いまで形にしてもらった感じです。

本当にありがとう。

 

名刺はkouhiデザインです。

会社を設立して、気がつけば2年。

やっと肩の力を抜くことができました。 そんな想いの名刺です。

ありがとう。

 

HPはパンフレットに合わせて、知人の方に作っていただきました。

何度も足を運んでくださり、たくさん意見を言わせていただいたにも関わらず

本当にありがとうございました。

今までのHPもとっても素晴らしくて感謝しています。

本当にありがとうございました。

 



 



 

制作について。

作品はお客様の想いが形になったものです。

その為に色々とお話を伺ったり、時にはお写真をお願いすることもあります。

私たちはお話を伺うところから、制作が始まっていると思っております。

 

伝えきれないあなたの想いを、形にするお手伝いができたら嬉しいです。

許し。

許し。

皆誰かを許せなくて苦しい。
皆自分を許せなくて悲しい。

でも、あなたが許せないでいる誰かは きっともう十分に苦しんでいる。
自分を許せないでいるあなたは
きっともう十分苦しんだ。

心からじゃなくて良いので、「ありがとう」と言ってみてください。
心からじゃなくて良いので、「ありがとう」と伝えてみてください。

何かが変わり始めます。

大丈夫。
もう許されています。

代表の想い。

心の声を言葉にかえて・・・ 「ありがとうの花束」Sachi&Aki co.代表の佐藤です。



お店を始めるにあたり、きっと何か決定的な事が欲しくてこの2週間、色々な所に行きました。

ホテルで食事、エアロビ、温泉、礼拝、厄払い、ネイル、マッサージ、病院。
そして、思ったこと。



私は人が大好き。

男も女も おじさんもおばさんも、おじいさんもおばあさんも

若い人も子供も赤ちゃんも、外人も、しょうがい者も、

ヤンキーもがり勉も しんでしまった人も。



これからその人達に、愛を渡したい。

ありがとうを渡したい。

少しでも癒されてくれたら嬉しい。

みんなの良いところを見つめてあげたい、愛されてると感じて欲しい。

例えその人が誰にも愛されてないと思っていても、

きっと私はその人の事を好きになれる。
これが私の目標であり、想いです。

新年のご挨拶。

心の声を言葉にかえて・・・ 「ありがとうの花束」Sachi&Aki co.代表の佐藤です。

 

皆様明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

今年は2月からお店がOPENすることになり、

また沢山のお客さまにお逢いできるのを楽しみにしております。

 

お店を開こうと想った大きな理由の一つに、男性のお客様のことがありました。

個展を開かせていただいたとき、一人の男性のお客様が

「母が入院中なので、この小さな『ありがとうの花束』だったら

病室に飾れるから」

とガラス額入りポストカードをご購入くださいました。

 

その光景はとても素敵でした。

こういうお客様の為に、店舗を持たなければ!と

思いました。

 

今年も一人一人の方の大切な想いを形にするお手伝いが出来たら

嬉しいです。